体験談

患者の声

50代女性 狭心症、慢性痛

掲載日:
まったく初めてお会いする方々ばかり・・・ 最初は不安をもちつつも、無理なく交流を深めたり、共同のワークショップを体験したりすることで安心して参加できた。また、漠然と「こうした方がいいのでは」と感じていたこと(例えば運動を取り入れることなど)が確信を持ってやれるようになった。あれこれできないことばかりで自信も目標も失っていたが、少しずつ将来への目標を持とうと思えるようになった。
記入日:2010年8月30日

60代女性 関節リウマチ

掲載日:
一つの事をやりぬくという事は大変です。でも、出来ない日もありますが、やっていこういうと気持ちが生まれました。
記入日:2010年5月24日

60代女性 リウマチ

掲載日:
リウマチで19年目ですが、転勤ばかりで病院も何度も変わり、一人で閉じこもる事が多かったのですが、今ワークショップにも出てリウマチ友の会にも入って、一人ではない事を実感してます。
記入日:2010年7月3日

30代女性 片頭痛

掲載日:
家族は私の辛さ(痛み)をわかってくれないと思い込んでいたことがわかりました。ワークショップで問題解決を学び、毎日いろんなアイディアが出てくることが楽しく、家族にも悩みを相談してみました。自分の予想以上に家族が協力的でそのことだけでも嬉しく、さらに問題も解決されつつあり、とても良かったです。
記入日:2010年5月31日

60代女性 慢性肝炎

掲載日:
若い人たちの病気に対する積極的な取り組み方を見聞きでき、参考になった。消極的ではどうにもマイナスしか残らない事がわかり、どのような苦難があってもやはり前を向いて行こうと思うようになった。
記入日:2010年7月12日

30代女性 片頭痛

掲載日:
「無理しないでね」と周囲によく言われるけど、何が無理なのか分かっていなかったことに気づいた。それに気づけたのは大きな収穫だった。
記入日:2010年6月16日

60代男性 過呼吸、特発性アルドステロン症、変形症股間節炎

掲載日:
過呼吸の発作が一日に何度もあり気が沈んで家に閉じこもりがちでしたが、ワークショップに通うようになって気持ちが前向きに明るくなり生活を楽しめるようになった。
コミュニケーションの演習では、日常生活のなにげない言葉を注意して使うことによって人間関係がスムーズになっていくことを教えられた。
記入日:2010年8月7日

30代女性 心因性頻尿

掲載日:
劇的に変わったという感じではないけれど、少しずつ気持ちの持ちようがプラス思考に変わってきている感じがしました。現在は服薬を中止し、2か月に1回のカウンセリングのみになりました。今の状態を出来るだけ保ち、遠出とかも出来るようになっていきたいです。本当に参加できて良かったです。ありがとうございました。
記入日:2010年6月20日

70代女性 関節リウマチ

掲載日:
年齢から横文字の多い学習は苦手かなと思いましたが、受講している初回から楽しく学習することが出来ました。心穏やかにできることから始めようとチャレンジ精神がわいてきました。
記入日:2010年7月3日

30代女性 躁うつ病

掲載日:
とっても良かった。いろんな症状の方がいて、それぞれ悩みが違うんだとも思ったし、共通点もあった。なごやかな雰囲気で自分の意見を言い合えて、進行役の方も何かの病気をもっていて、同じ立場で話し合えたのもすごく良かった。楽しかった。
記入日:2010年7月6日