体験談

患者の声

50代女性 SLE、腎不全(人工透析)

掲載日:
自分の病気だからと甘えていた所があったがいろいろな意味でセルフマネジメントが大事だとわかった。このような機会を作ってくださっている協会に感謝します。
記入日:2011年11月27日

60代女性 線維筋痛症

掲載日:
できないこと、辛い病状のこと、今後の不安といったことにのみ心がとらわれていた自分、肯定的な考え方に対しても「楽観的で問題から目をそらしてごまかしている」という様な批判的な見方をしていた自分が、6週間の実践をする中で「~すべきだ」から「~してみたい」という気持が生まれ、少しでも何かアクションを起こすと脳が喜ぶ感覚を味わうことができました。病状自体は変化はなくても、何か楽しめる物はないかな?と心が動くようになりました。家族からも少し前向きになったと言われました。病気でも健康な生活をしたいと思うようになりました。
記入日:2011年10月6日

60代女性 糖尿病

掲載日:
アクションプラン達成に向けて一日の行動を計画的に過ごせた。
記入日:2011年10月24日

70代女性 腎不全

掲載日:
共に慢性疾患を持っているという共通基盤があり、気楽に自分の心の中を話すことができました。相手の病気とも思いやる気持ちも芽生えました。暖かい雰囲気で友達もでき、大変良かったです。自分ひとりで悩んでいたことも、自分で解決方法をみつける手段や解決できない問題は、この問題は解決できないこととして受け入れることを気づかされました。
記入日:2011年11月29日

30代女性 1型糖尿病

掲載日:
自分に自信がもてた。漠然としていた悩みが明確になり、アクションプランを毎週たてることができ、生活にハリが出てよかった。
記入日:2011年12月12日

20代女性 線維筋痛症

掲載日:
ワークショップ受講前はいかにして目の前のことを解決するか、早く病気を治さねば・・・と焦る部分もありましたが、長期的なスパンで物事をみること、病気と付き合う心がけをもつことができるようになりました。その中で日々自分は何をすべきか少し整理できたような気がします。また、食事・運動・呼吸・考え方などを学べて日々実践しています。ブレインストーミング形式で皆さんの意見を聞ける形だったのも良かったと思います。この出会いを大切にしていきたいです。
記入日:2011年12月11日

20代女性 慢性疲労症候群

掲載日:
とりあえず、毎週6回も遠出すること自体がかなり挑戦だったので、それを達成できたことがとてもうれしく、自信につながり、また新たな目標を立てるのが楽しみになりました。また、これまで病気を理由にあきらめていたことも、「セルフマネジメントプログラムで学んだことを生かせばできるかもしれない」と思えるようになれたことは自分の中で大きな変化です。皆さんが様々な葛藤を抱えながらも、病気と向き合い、あらゆる感情と対峙して毎日を懸命に生きてらっしゃるということを目のあたりにできたことは、生きる糧になりました。
記入日:2011年12月15日

30代女性 中枢性尿崩症

掲載日:
アクションプランを立てることで意識するようになった。自分の疾患についてちゃんとした知識を得ようと思った。受講後、担当医と今まで以上にコミュニケーションをとり、(分からないことを、とにかく訊く!!)病院内の相談センターに行った。
記入日 2011年10月27日
記入日:2011年10月27日

40代女性 膠原病

掲載日:
初めは他の方との交流もなく、6週間は長いな・・・と感じていましたが、少しずつ、慣れてくるにしたがって、4週目を過ぎた頃からは、早かったと感じます。私メッセージを学んで、コミュニケーション技術を身につけ「どうせわからない」ではなく理解してもらうような力を持とうと思いました。
記入日:2011年6月21日

40代男性 脊髄小脳変性症

掲載日:
健常者の頃を思い出すことが減り、今を見つめるようになった。
記入日:2011年7月2日