調査研究とエビデンス

調査研究とエビデンスについて

研究調査とエビデンス

慢性疾患セルフマネジメントプログラムは、1980年代からアメリカのスタンフォード大学 医学部 患者教育研究センターで開発が始められました。現在は、世界20カ国以上で展開しています。
プログラムに参加された方にどのような変化があったかについては、各国で調査研究が行われ、科学的に評価されています。このページでは、そうした調査研究の結果についてご紹介していきます。