どうやって参加するの?(ワークショップについて)

どうやって参加するの?(ワークショップについて)

ワークショップ イメージ

セルフマネジメントプログラムはワークショップ形式で学びます。
ワークショップは8~16人の人数で開催され、リーダーと呼ばれる進行役が2人ですすめますが、そのうち1人は必ず慢性の病気をもっています。病気をもつ人同士、気兼ねなく話をしながら、病気があっても自分なりに楽しく生活していけるような工夫を考えていきます。

ワークショップとは
講義形式だけの勉強会とは違い、自分の話をし、他の参加者の話も聞きながら、自分のペースで学べる集まりのことです。セルフマネジメントプログラムでは、一方的に話を聞くだけでなく、自由に話せる雰囲気を重視しています。ただし、しゃべりたくない人はしゃべらなくても構いませんし、発言を強制されることもありませんので、安心してご参加いただけます。