体験談

患者の声

月別で見る

「やろう」 「やる予定」 「やるつもり」 「やるかもしれない」 「やろうと思う」というワンクッション置いたフレーズを心の中でつぶやくのが癖だったのですが、「やる!」の一言は実際に体も即!動きます。先延ばしがなくなりました。  ・・・

根からの”面倒くさがり”は変わらないが、目標を立てるようになった。   記入日2012年12月5日 ・・・

大きな目標を立てすぎてすぐに結果を求める傾向があり、すぐに意気消沈しやすかったが、目標設定や問題解決法に無理をしていたり、間違いがあったこと、それがストレスも増やしていたことに気付かされました。   記入日2012年12月・・・

いつもは家族や周りに合わせている自分がいて、あとから反省したり、毎日を充実していませんでしたが、ワークショップには出かけて行ける楽しみもあり、良い勉強になりました。今回、参加することで、自分を大切にしないといけないと思ったのと、リラクゼ・・・

普段の学校生活で難病の方と会うのはきわめてまれで、まして患者会ともなると年上の方が多く、もっと若い方にお話を聞きたいと思っていたので、とてもいい機会だった。異なる病気の人の話を伺うことで、ひと口に慢性疾患といっても様々なつらさがあるのだ・・・

皆さんの話を聞いて前向きになれました。今までは体が痛ければやらなかったことでもできる範囲でやってみようと思うようになりました。   記入日 2012年11月20日 ・・・

さまざまな症状が緩和しても、今も残る”疲れやすさ”に対し、これまでは疲れすぎないようにする対処や疲れた時の癒し方にばかり重点を置いてきましたが、どこかで諦めていた”疲れにくい自分になる”こ・・・

とりあえず、毎週6回も遠出すること自体がかなり挑戦だったので、それを達成できたことがとてもうれしく、自信につながり、また新たな目標を立てるのが楽しみになりました。 また、これまで病気を理由にあきらめていたことも、「セルフマネジメントプ・・・

アクションプランを通じて、一日一個は、何かしよう!という気になれた。また、半歩でも前進していける自信を持てた。 記入日 2011年 ・・・

同じ心の痛みを持つ者同士なので、すごく居心地が良かった。たぶん痛みのない人は知らず知らず、簡単に「はげます」言葉をかけてしまいがちなのではないかと。(司会者も含め当事者だったので、さらによかった。) 母くらいの年齢の方に休けい中、話を・・・

<< 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14