体験談

患者の声

月別で見る

アクションプランを引き続き実行できているので、根気が出てきた。 記入日 2009年8月7日 ・・・

自分の病気について客観的に考え、他者に理解されやすいように説明するコミュニケーション力がついたと思います。自分が思っていた以上に、他の慢性疾患の患者さんと、悩みや生活上の苦労、問題点に非常に共通点が多いことに気付かされ、「あまり知られて・・・

それぞれの病気について個々の悩みや克服の仕方など、病気をもつ本人の生の声を直接聞けたことは、かなり自分に響いた。同じ地域に、近くにこんなに同じ難病を抱える人がいて、自分だけが悲劇のヒロインじゃないということを感じました。つらい経験をして・・・

さまざまな病気で不安を抱えている人が多く、自分だけではない、自分が特別ではないと思い知らされました。それを直接知る機会が得られたのは良いことだったと思います。また、アクションプランは達成できた喜びと達成できなくても大丈夫・否定しなくても・・・

いろんな面で、前向きに考え、ある程度感情面などのコントロールができるようになったと思い、家族も「明るくなったね」と言ってくれています。 記入日 2009年 ・・・

物事に対して意欲が出て、全体的に元気になったという実感がありました。アクションプランが一番のお気に入りになり、目標があればやれるんだと再認識し、ワークショップ終了後もアクションプランを実行しています。 記入日 2009年 ・・・

大変な病気の方もおられるなか、自分はまだよい方かなーと思うようになり、家で歌など口ずさむように明るくなり、現実を受け入れて前向きに過ごしたいと思いました。 記入日 2009年 ・・・

参加者の中で「病気をもっていることで遠慮しないで、もう少しわがままになっても良いのでは?」という意見が新鮮でした。病気があるからというちょっとした引け目を、気付かないうちにもっていたように思います。わがまま=もう少し自分を出しても...・・・

色々な病気、色々な考えを知ることが出来て良かった。前向きな考えをするよう努力するようになった。気分が落ち込んだ時は楽しい事を想像したりして気分を転換出来るようになった。 記入日 2010年9月1日 ・・・

まったく初めてお会いする方々ばかり・・・ 最初は不安をもちつつも、無理なく交流を深めたり、共同のワークショップを体験したりすることで安心して参加できた。また、漠然と「こうした方がいいのでは」と感じていたこと(例えば運動を取り入れることな・・・

<< 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14